理解が必要

スーツの男性

うつ病の人への理解について

うつ病と聞くと今では多少なりとも馴染みがある言葉であり、イメージも昔とは異なっていました。 昔は電気刺激を脳に流す、牢屋に閉じ込めるといったことが当たり前にあったようです。 接し方も分からないことが多く、虐待や拷問といったことは頻回にみられ、社会的にも理解が薄かったため見過ごされていました。 しかし、最近ではうつ病に対する治療方法が進歩し、接し方も適切に接することで症状を軽減できることが理解されてきました。 社会的にも認知され、様々な処置をとりいれる会社が増加しています。 具体例をあげると、リフレッシュ休暇や相談室の確保などがあります。 社会的に認知されるようになってきた反面、個人としては自分はうつ病じゃないと思っている人が多いようです。

接する方法の理解と今後の予測

うつ病の人との接し方と聞くと苦手意識を持つ人も多いと思います。 傾聴と言うことがキーワードになります。 傾聴することが、安心感を与え、一人じゃないことを実感できるため、うつ病の進行を抑制することができます。 傾聴とは、否定も肯定もせずに話を聞く、繰り返し同じ言葉を話す、同調する、代弁するといったことを言います。 私はリハビリ職種として勤務をしていますが、うつ病の人との接し方に困っている家族が多い印象を受けています。 家族には、笑顔で家族こそが余裕を持って接することが、うつ病患者の進行を抑制しますと伝えています。 傾聴する他に、接する側の心の余裕も大切なのです。 今後は、うつ病患者の家族フォローも大切になってくると予測しています。