見極める方法

白衣を着た人

うつ病の見極め方とは

うつ病とは誰にでもなる可能性のある心の病の一つです。誰しも悲しい出来事や憂鬱な気分になる等の 感情の浮き沈みはあるものですが、眠れない、食欲がない、何をしても意欲や興味が湧かない、悲観的、 思考考えがまとまらない等という事が長期間続く場合、うつ病の可能性があります。 うつ病は精神的ストレスや身体的ストレスが重なる事等の様々な理由からなる脳の機能障害でもあります。 脳の機能が低下から、思考が悲観的・否定的に陥りやすく、いつも調子が出ずに周りの人との 関わり方や接し方にも影響が起きやすくなります。 そして、普段乗り越えられるようなストレスでも、より辛く感じてしまうと悪循環にもつながり 回復にも時間がかかってしまいます。 治療を早めに始めればそれだけ回復も早いといわれているので 早めに専門機関訪れて、相談する方がいいでしょう。

人との関係と接し方について

うつ病は自分の精神の弱さではなく、病そのものの病状です。 回復には時間がかかるという事を、自身や家族、周りの人が知り 理解して接し方を考えていく必要があります。 うつ病の患者との一般的な接し方については、病の指摘より健康な所を やよけいな励ましよりも、よく話しに耳をかたむける等の接し方の方がうつ病の患者にとっては とても好ましい環境だといえます。 うつ病になるような人は、まじめだったり、努力家の人が多くなりやすい傾向があり 一日も早く回復をする為には周りの人が休養をとるように勧めることも大切な接し方の一つです。 治療にも休養はとても効果的ではありますが、患者自身の心身の負担を全て取り去ってあげる事に 意味があります。 全てを悲観的に考えすぎず、薬や休養をあわせて無理せず自分に合った回復方を見つける事が大切です。