身近な人がなったとき

カウンセリング

家族がうつ病になった時

家族がうつ病になってしまった時、それを支える役目である家族には多大な負担がかかってしまいます。うつ病は目には見えない心の病であるからこそ、その接し方には細心の注意が必要になってくるのです。ただ、家族の場合、あまりに距離が違い分その接し方も過度に行き過ぎてしまう可能性があります。治療に関しても口を出してしまったり、時には自分のストレスからか当人にきつく当たってしまうなんてこともあるかもしれません。 そうならないためにも、家族の場合は、家庭の中の雰囲気が悪くなることだけは避けましょう。そしてあまり家族が負担を背負い過ぎないように、家族自身がストレスを感じない程度で接してあげることが肝心です。うつ病になった当人だけでなく家族まで精神的なダメージを折ってしまっては元も子もないですからね。

友人や仕事仲間の場合

そしてもしも友人や仕事場の人がうつ病だと知った場合、これはできるだけ本人のプライドを傷つけない接し方で通していく必要があります。明らかに体調が芳しくないという時でも、無理に休ませるとさらに症状をこじらせる可能性もあるので、本人の自尊心を傷つけないように丁寧な言葉選びで当人に接していくことが大切なのです。うつ病の人は仕事を休むことを極端に嫌がるというケースが多いです。ですから、それを強要することはできるだけ避けた方がいいですし、場合によってはうまく言いくるめる形で休みを取らせたりすることも必要になってきます。 さらに、過度の期待やプレッシャーは言語道断ですが、根拠のない大丈夫だよといった言葉や気休めの言葉もあまり言いすぎるのは危険です。うつ病の人に対する接し方がわからないとう人はこうした点を注意していきましょう。

接する人のケアを大切に

うつ病の方と接するときには、接し方ももちろん重要ですが、接する人のケアが一番 大切になります。 カウンセラーのように接することで、うつ病の人はその人に依存してしまうことも少なくありません。 治療が終わればそのような状況から脱出できますが、治療は長期間かかるため、接する人の負担は想像以上に大きいものです。 なので、決して一人でうつ病の人と接してはいけません。 自分の負担が大きくなってきたときに、頼れる他の人や行政のサービスなど、事前に準備しておくことが大切です。 自分のストレスが大きくなると、接し方にも影響が出てきます。 心の病気はとてもデリケートなため、少しの接し方の間違いで、今までの治療が無駄になることもあります。 相手の治療の手助けをするには、まず自分が常に安定した状態を保てるようにすることが大切です。