特徴や接し方

うつ病の症状とその特徴

うつ病の症状といえばやる気が起きなかったり、だるさや微熱が続く、さらには睡眠障害や食欲不振が続くといったものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。確かにこれらの症状はうつ病の代表的な症状にも挙げられるのですが、実はうつ病の人がうったえる症状はこれら以外にも沢山挙げられます。すべてをここで挙げるには数が多すぎるので控えますが、その中には自身への罪悪感、過度の自己嫌悪、自己否定という厄介なものも挙げられます。これらの症状が出てきた場合、人によっては自殺などを考えたり、時には周りの人間が不用意に励ますことによってその症状を悪化させてしまうというケースもあるため、接し方には注意が必要になってきます。

具体的な接し方について

では具体的にうつ病の人に対する接し方にはどういったものがあるのでしょうか。もちろん、個々のケースによって多少の違いはありますが、大体が叱らない、そして変に励まさないというのが鉄則と言われています。ただでさえ真面目な人が叱られることでさらに自分を追い込んでしまう可能性もありますし、根拠もないのに励ますことで更なる絶望を味あわせてしまう可能性もあるのです。もちろん、すべてのケースがそうというわけではありませんが、やはりうつ病の人への接し方にはある程度のコツがいるのです。話をする際はあくまで聞き役に徹することがベスト、さらには理解を示すことで相手を傷つける意思がないことを表しましょう。 素人が専門家のような接し方をするのは到底無理ですが、周りが気を付けることで症状が少しでも良くなる可能性があるかもしれません。

うつ病の患者さんとの接し方の注意するところとは

今ではうつ病は誰でもかかる病気だと言われています。日ごろの生活の中で身体も心もまだ元気で強ければ、少しの悲しみや苦痛は乗り越えることが出来ますが、それが身体に不調をきたし出して、ドンドンと気力がなくなり、寝込んでしまったり頭痛や身体の節々が痛むなど、または人と会いたくない外に出たくないなど、段々と心と身体がバランスを崩して行き、ここまではまだ心身症と呼ばれます。 もっと酷くなると脳から出るセロトニンやドーパミンが出なくなりうつ状態になり、生きているのも辛くなって来るのです。それがうつ病と言われています。 家族や周りの人はどうしたらいいかと接し方を考えるでしょう。今まで頑張って、頑張って我慢をし続け病気になってしまった人はきっと真面目な人なのかも知れません。 そんなうつ病になってしまった人には、責めたり逆に励ましたりする接し方は一番やってはいけないことです。周りの人たちは見守りながら、普通にが一番の接し方だと思います。

知っておくと良い情報や豆知識などとは

うつ病の患者さんは、今までは穏やかな性質の人だったのに凶暴になってしまったり、逆にアクティブな方だったのに引きこもってしまったりと、家族や友達など周りの人たちも接し方を考えてしまうと思います。 まずはうつ病になってしまったことを受け入れ、話しを聞いてあげましょう。けっして反論や意見などはしてはいけません。きっと病気になる前に何かと反論に合ったり意見の攻撃を受けて来て心は傷ついているはずです。 聞くことに徹してうつ病の患者さんに寄り添って行きましょう。 接し方を間違えたりすると急に暴れたり、また引きこもってしまったりと逆効果ですので、普通の接し方をしましょう。 今は良い病院もありますし良いお薬も出来ていますので、気長に急がずにうつ病の患者さんに接して行くのが最善の接し方だと思います。

うつ病の方と接する前に

うつ病の人と接する前に一番大切なことがあります。 それは「治るまでには長期間かかることを覚悟すること」「自分が潰れてしまわないこと」です。 接し方としては、聞き上手になることが鉄則です。 相手を否定せず、話を聞き、叱咤激励はせずに前向きな言葉をかける、カウンセリングのような対応が理想的です。 しかし、聞き手側にも感情はありますから、常にこのような対応を心がけていたらストレスで逆にこちらが潰れてしまうことも少なくありません。 うつ病の方と接するためにまず、覚悟を決めましょう。ここで不安がある場合には中途半端に関わるとうつ病も悪化し自分も潰れるのでよくありません。 覚悟を決めたら、うつ病の方にはカウンセラーの気持ちで接します。 自分が辛くなってきた時には息抜きが出来るようにしたり、他の人に頼れる環境を整えておくことが大切です。

身近な人がなったとき

うつ病は、自分が発症することもありますが、家族や友人が発症することもあります。どうやって接していけばいいのか、普段から接し方やうつ病に関する知識を知っておく必要があります。

MORE

見極める方法

うつ病には、見極める方法があります。うつ病には特徴的な症状があるので、その症状を知っておくことでいつもと違うことに気づくことが出来ます。自分自身で気づくことも出来ます。

MORE

最新ピックアップ情報

治療していく

うつ病は、治療によって改善が期待出来る病気です。抗うつ剤のような薬によって、症状が緩和することがあります。同時に、心理療法も行うことでより効果的に治療していくことが出来ます。

READ MORE

理解が必要

うつ病は、周りから理解されにくい病気の一つです。そのため、さらに症状が悪化することもあります。家族や周りの人がしっかりとサポートしてあげることもとても大切です。

READ MORE

気をつける

うつ病の患者には、焦らせたりプレッシャーをかけたりしてはいけません。そうすることで、更に症状が悪くなることがあります。うつ病の患者への接し方は、気をつけなければいけません。

READ MORE

オススメリンク